第5回 観光と香り: 伝えたい魅力を発信する

2018年6月23日



第5回TOMODACHIふくしま香LINKプログラムが、6月23日に東京都内、エアアロマジャパン ショールームで開催されました。

 

今回はこれまでのプログラムの中で五感すべてを使って体感してきた、福島県内でのイベント、「なかやま雪月火」と「花見山」の魅力を、外に向けてPRして行く方法を学ぶ回です。


イベントを体感したことがない人に、どう伝えたら自分たちが感じた感動が伝わるのか、何を伝えたいのか、情報が溢れるいま何が求められているのかしっかりと考え、そして、広告やメディアの世界の第一線でご活躍されている方々を講師にお迎えし、時代とともに進化するマーケティングやプロモーションについて学びました。



午前中は、宮城県気仙沼市でデザイン事務所を立ち上げ、デザイナーとして活躍する鈴木歩さんをお迎えして、イメージをプロモーションツールとしてデザインするワークショップを行いました。

鈴木さんは、都内で商品デザインからパッケージデザインまでを手掛けるなど広く活躍されており、 2013年、震災をきっかけに地元気仙沼に戻り、 自然豊かな地方とのライフワークバランスのあり方を考え、現在のデザイン事務所 pensea & Co. を立ち上げたそうです。現在は、地域と子供達が自分らしく生き抜くきっかけを提供する「pensea NEXT swich」で他団体や教育機関とコラボレーションし、ワークショップなども多数開催しています。




今回のワークショップでは、香LINKメンバーが描いてきた「なかやま 雪月火」「花見山」のイラストをアドビシステムズのモバイルアプリ「Capture CC」で取り込み、「Illustrator Draw」を使って着色、できあがった絵に別のメンバーがキャッチコピーを付けました。




雪月火に訪れたお客さんの顔、灯った火をみながら飲んだ竹コップに入った熱燗(社会人の作品)、花見山の山頂からみえる雪うさぎ … などメンバーそれぞれの視点と印象に残った思い出、そして直感と感性が詰め込まれました。



 

午後は、プロの料理人はもとより、料理研究家、料理評論家、マスコミ、食通の一般の方々など、幅広い読者層を持ち、20年以上の歴史を持つ雑誌「料理王国」を出版する株式会社CUISINE KINGDOM の 代表取締役 中沢 美佐子さんを講師にお迎えし、広告キャンペーンについての講義です。




講義は「マーケティングってなんだと思いますか?」というメンバーへの質問からスタートしました。高校生、大学生、社会人と幅広い年齢層の参加メンバーがいる中、全員に分かりやすく講義していただき、ハイスピードで変わっていく今のメディア、広告について理解を深めました。




広告キャンペーンについて学んだあとは、視覚と嗅覚について主催・企画の Air Aroma Japan 株式会社 フレグランスコーディネーター 栗山さんの講義です。 これまで香りを使って実施したイベントやキャンペーンなどの事例の紹介もお伺いしました。




最後に、今日学んだことを参考にして「なかやま雪月火」「花見山」を自分たちだったらどう発信するか、メンターも入ってブレインストーミング、そしてプレゼンを行いました。



次回のTOMODACHIふくしま香LINK プログラムはいよいよ集大成を発表する回です。